post image

グレートデーンが新天地に慣れてくれなかったら、の恐怖

犬がいなければ。スコットランドでもオーストラリアでも、機会が訪れるかぎりどんどん行ってやろうじゃないの、と思いますが。犬がいるから。海を越えての移動には躊躇してしまう。ときどきね、引越し先にどうしても馴染めず、保護団体へ引き渡されるグレートデーンわんちゃんがいます。グレートデーンとの引越は大変だったと思うんだ。条件が許すならば、大きくはなくても庭がある一軒家を希望するだろうし、犬を飼える借家が見つ...

post image

耳が聞こえない犬の、問題行動を正す難しさを実感シテマス

カナダ雁到来。マイナス気温散歩の増えた今週、100羽レベルの大群で往来しているカナダ雁をひんぱんに見かけるようになりました。もしコロラドを離れたら、寂しいのはカナダ雁を見られなくなることかもしれない。糞は迷惑だけど、大好きです。クレートから出てこないぴょこ(グレートデーン1才)を撮ろうと、カメラを構えたら邪魔者出現。わざわざど真ん中に座らなくてもさあ・・・クレートのベッドカバーを新調してあげたのです。...

post image

犬の食糞について悩んだことがある人、いないみたいですよ

1Cは寒いぞ!と思って昨日歩いていたら、今朝はマイナス3Cでした。イヤッ、もうコロラド生活つかれたーっ一年の半分以上を凍えて生きるのはもうこりごりと思ったのですけれども。もしやこれは服が悪いのか?暖かい服を買ってくればいいんだな?レッツゴーショッピング。犬の食糞を止めさせる方法について、ツイッターでつぶやいていました。A precautionary vet visit is step one, says Serpell, who also wrote the book, The Do...

post image

人生もブログ更新も、なーにが楽しくて要らぬ苦労をして

あっというまに11月です。更新が途絶えていたのに訪問してくれた方々、ありがとうございます。やっとコンピュータの前に座る余裕ができてきました。当ブログの悪いところは、コンピュータを使わないと更新ができないこと。画像をまるく加工したりしているしね。人生もブログ更新も、もっと肩の力をぬいて応対したらいいのに。なーにが楽しくて要らぬ苦労をしているのやら。...

post image

「同年齢のデーンに比べると活発」が続いたらどうしましょ

なんとなんと!アイリッシュウルフハウンドとグレートデーンのミックスわんちゃんに会ったそうです。いいな~いいな~~~まだ三ヶ月の子犬なのに、とても落ち着いていたそうです。すごいすご~い!ぴょこ(グレートデーン1才)は、同年齢のデーンに比べて活発なほうです。グレートデーンにとって大人への第一歩は二才。子犬と呼べなくなる節目を過ぎたときにどんなにおとなしくなるのか、そろそろ子犬生活に疲れてきた母上はすで...

post image

家を出て迷子になった二才児から離れなかったスプリンガー

ぎゃああああ、なにを咥えておる!取り上げられるのがわかっているので、お宝発見したときは戻ってきません。こんなときは、スプリンガースパニエルの性格を逆手にとるに限ります。あえて無視してどんどん進みます。すると?待って待って~~~と追いかけてくる。人間大好きスプリンガーです。ミネソタ州だったかな、二才児が家をふらふら出て迷子になったそうです。その男の子と一緒にいたのがスプリンガースパニエルでしてね。こ...