post image

至らぬところをすべて暴いてみせよう各種証明写真ぶー

キミのはきっと良く撮れるよ。あ、いやね、顔写真を撮ってきたら、ものすごく老け顔だったの。まるで、至らぬところをすべて暴いてみせようほととぎす~ショックショックショック。免許更新の写真もひどかったんだ。あごひいて!もっと!たりないもっと!結果、レンズを睨みつけている姿になった・・・お坊(スプリンガー2才)はそんなに表情豊かなほうではありません。カメラを向けていると、まんべんなく一定の気品を保っている...

post image

あーそうか!だから上空を指差すと怪訝な顔をするんだ!

文章にしてみることってすごいね。上空を指差してみれば怪訝な顔をする、と書いていました。怪訝な顔をするどころか、下ばかり向いてしまうお嬢(グレートデーン1才)。ずっと不思議だったのです。上を指差しているのになぜ下を向いてしまうのか。昨日ブログ更新後に読み返していてやっと気付きました。あーだから怪訝な顔をするんだ!生まれつき耳が聞こえないお嬢には、手や指を使うコマンドに重点をおいたトレーニングをしてき...

post image

騒がしく飛ぶカナダ雁に思う、耳が聞こえないということ

界隈のカナダ雁はおとなしく飛びません。飛び立つ前には大合唱がはじまり、飛んでいるときも掛け声をかけ合っている。とてもうるさいので、お坊(スプリンガー2才)は散歩の足をとめて眺めたりします。一方、全然気付かないのはワルサのお嬢(グレートデーン1才)。ときどき指を差して見上げさせようとしてみるのですが、すればするほど怪訝な顔を向けてくる。耳が聞こえないということはそういうことなんだね。...

post image

毎日何かをやらかすから、いやがらせのつもりで着せたら

あっというまに今年もおわり。ぴょん太(スプリンガー2才)もぴょこ(グレートデーン1才)も元気です。クリスマス前に二匹仲良く下痢をしてくれたけれど。室内アクシデントがあって、てっきりお腹の弱いお嬢だろうとぴょこの体を拭き外へ出してふと横を見ると、汚れていたのはお坊のほうだった・・・昨日も何かやらかしたのよね、ワルサのお嬢。だから、捨てる予定だった私のセーターを、いやがらせのつもりで(袖を切って)着せた...

post image

それはある日突然やってきた・・・ワルサのお嬢の橋恐怖症

実はカメラシャイです、このお坊ちゃん。カメラを向けるとそっぽを向く。それでも、こわーい母上の前では我慢するみたいですが、母上がいない山では、カメラに気付くとさっと木陰や茂みに隠れてしまうそうです。一方、覚醒したらしいワルサのお嬢(グレートデーン1才)は橋から隠れることを覚えました。今まで何十回と渡っているのに、それは突然やってきた・・・急遽「橋渡り緊急プロジェクト」を設けて、一週間特訓をしたら、今...

post image

「耳が聞こえない子どもに注意」サインをみたことありますか

久しぶりのお湿りです。コロラドの州都デンヴァーでは二ヶ月以上も雪がなかったそうです。山のほうでは雪不足に困っていたので、恵みの雪となるか。雪そのものはそんなに積もっていませんが、地面が凍ってつーるつる。ほれ、引っ張らない!ほれ、踊らない!おとなしく歩かんかーおんどりゃあああああところで、「耳が聞こえない子どもに注意」サインをみたことありますか。こんな道路標識をつけてくれるもんなんだ、と感心したもの...