post image

スパニエルもいろいろありますね、夏だから語る怖い怪我話

最近、ぴょん太(スプリンガー2才)がちょっと落ち着いてきたように感じます。里に戻っても、ぴょこ(グレートデーン1才)とあまり遊ばなくなって、ぴょこは文句ぶーぶー。二才になったからかなと思ったのですが、山生活をしているからなのかもしれません。思いっきり走って跳んで、ぐっすり昼寝をして。起こさないようにそーっと動いたつもりでも、その物音をめざとく聞き取り、寝ぼけ眼でふらふら立ち上がる。ワーキングスプリン...

post image

コロラドと人種差別~逃れられないときは犬を飼おう!

「コロラドにいるのがもう我慢ならないんだ」ななんと、どうされましたか。「選挙前はそれでも我慢できたんだ、でも選挙後から人々が、とくに高齢の人たちが露骨に嫌悪感を表すようになってね」やや、それは遺憾千万、このへんにお住まいで?「うん、ここをちょっと行った○○地域(高級住宅地)さ」それはそれは残念です、アイムソーリー「いや、君のせいではないし」ん、でもそんなことは誰の身にも起きてもらいたくないことですか...

post image

小さくなったにーちゃんと、カラスと仲良くしていたタカ若鳥

ぴょん太(スプリンガー2才)が山から戻るたびに、小さくなったなあと感じるこの頃です。正確には、ぴょん太が小さくなったのではなく、ぴょこ(グレートデーン1才)が大きくなったのだと思います。新入りぴょこのお腹下を、頭をかがめて通っていたぴょん太。迎えて半年経つ今では、そのまますいすい素通りです。(ていうかさ、なにゆえお腹の下を通りたがる?)男子に比べると女子は小さめなのは、グレートデーン界も同じです。そ...

post image

コヨーテハイブリッド&傷だらけの犬生活必需品は消毒液

山小屋では水を飲まないそうです、ぴょん太(スプリンガー2才)。ではどうやって水分を摂っているか?わざわざ小川まで出かけるんですって。ちゃんと飲み水は用意してあるのに、小川のほうを好むらしい。小川だと雪が降って氷点下になっていても飛び込みますが、暑いだろうと用意した庭の水桶には嫌がって入らない山男です。へーんなやっちゃ。(2017年5月)ぴょこ(グレートデーン1才)と散歩していたら、コヨーテ・ハイブリッド...

post image

飛ぶ山男、狼爪切除済みで助かった?有毒植物より怖いこと

さすがロッキーマウンテン、岩がご~ろごろ。犬に有毒な植物をあえて取り除かないで、山生活の練習にしている話を昨日していました。でももっと心配なことがありましてね。有害植物を誤飲するより、崖から落ちたり岩などで怪我をするほうが、ずっと確率が高そうなのでヒヤヒヤです。山には、トゲだらけの茂みもあったりするのです。回避すればいいのに何を考えているんだか、この二代目山男(スプリンガー2才)はそんな茂みにダイ...

post image

犬に有毒なことをわかっていて植物を放置している理由とは

山では蚊のシーズンが到来しました。ショータイプほどではないものの、ぴょこ(グレートデーン1才)よりは長い毛をもつぴょん太(ワーキングスプリンガー2才)でも刺されます。家の庭ですでに虫に刺されているぴょこは、山へ行ったら格好の標的になることでしょう。庭といえば、ぴょこんた家の庭には、犬に有毒な植物がけっこうあります。「コロンバイン」が犬に有毒という話は前にしました。ほかにもグラウンドカバーとして定評な...