にーちゃん怒られ妹おちこみ、出番だ!ベンガル猫姉妹

モカとラテ

グルーミングしあいっこ。

ぴょん太(スプリンガー1才)め、今日という今日は怒ったーーーっ!

ふん、いいもんね。ブログに登場させてあーげない。

・・・ということで、本日はベンガル猫姉妹三昧でお届けいたします。


セルフグルーミング中


お互いに舐め合ったらセルフグルーミングをし


カメラ視線?


ときには母上どのを呆れたように見つめ


舐めあいっこ再開


再び舐め合いっこをして


ZZZ


す~やすや・・・

(え、わんこたち、本当に登場しないの?!)

だってね、本気で怒っていたんです私。

よほど怖い形相をしていたのでしょうか。にーちゃんがタイムアウトをしていた間、傍観者のはずの誰かさんがとてもおとなしくなってしまって、ビニールタイルの隅に座り込んでしまった。


おちこみ妹


反省すべしはキミじゃない、にーちゃんさ。

生まれつき耳の聞こえないぴょこ(グレートデーン10ヶ月)。私の小言は聞こえていなくても、ボディランゲージで読み取ったのでしょう。

トレーニングクラスのときに、御自身も耳の聞こえない犬と生活している先生が「犬の耳が聞こえなくてもどんどん話かけてください」とおっしゃっていたのはこういうことなのかな。だとするならば、怒るときばかりではなくて、褒めるときもいっぱい話してあげないと。

(とかく怒るときだけ多弁になるのが悪い癖。)

でも心配無用。タイムアウトが終わってにーちゃんと再会すれば


ぴょことぴょん太


すぐにレスリングを始めましたとさ。

キミ達の、立ち直りの早さはみごとなもんだ、あっぱれ。




こんな記事も読まれています